栗東市 F邸


 
ご自分でガレージから玄関まで移動される施主様のご要望で、スロープの勾配を緩やかに保つため、距離を確保し、車イスが通行しやすい様、間口を広くご提案しました。ガレージ部分は自動車からの乗り降りが容易な様、複雑な勾配で構成されています。左官工事の業者さんにはご苦労をお掛けしましたが、不具合なく完成いたしました。車椅子のハンドルが触れる部分のコンクリートは全て丸みを持たせた仕上げとし、安全にも配慮しました。